愛知産業大学三河中学校

文化祭準備 ~コンピューター室編~

三河中高一貫の中学生は、文化祭で学習発表と合唱を行います。オーストラリアについて研究している中学2年生が、教室でプレゼンテーションの練習していたある日のことでした。修正したいスライドがあるとのことで、数名がコンピューター室へ行きました。その後様子を見に行くと、コンピューター室は中学生と高校生で一杯でした。スライドに日本文化について英語でまとめる3年生、生徒会の活動報告の準備をする4年生、全日制文化祭でのプレゼンの準備をする5年生。それぞれが研究テーマを持ち、仲間同士が協力しながら文化祭の準備をしました。まさに、主体的・協働的な学びの場となっていました。文化祭本番で生徒たちが堂々と発表している姿を想像しながらコンピューター室を後にしました。

文化祭準備 ~音楽室編~

文化祭の準備は学習発表と合唱練習の同時進行です。合唱は、各パートの音程やハーモニーなどが大切なのは当然のこと。しかしながら、2年生の合唱には、まず声量が足りませんでした。照れなのか、自信の無さの表れなのか、声変わりの影響なのか、なかなか大きな声で歌えません。少しずつ良くなっていくかと思うと元通りに戻ってしまう。そんなことを繰り返しながら当日を迎えました。教室で最後の練習をして、いよいよ緊張の本番へ。歌い終えた後のホッとした生徒たち表情は忘れられません。教頭先生をはじめ、たくさんの先生方からお褒めの言葉をいただきましたので、生徒たちに伝えてあげました。1つずつ大きな壁を乗り越え、個人としてクラスとして、また学校全体として少しずつ成長していくことをこれからも期待して見守りたいです。

文化祭準備 ~中学校校舎編~

文化祭前日、作品の展示がある程度完了したところで、中学生全員が集合しました。清掃の指示が与えられると、玄関、フロア、階段、廊下、トイレを中学生一丸となって大掃除をしました。「先生、綿棒ありませんか。」、「ここの掃除も必要ですよね。」などと、嫌な顔を見せずに一生懸命取り組んでくれました。お客さんを迎えるために、おもてなしの心が垣間見える1シーンでした。

「いやだ、解散したくない!」

体育祭実行委員会が中心となって運営される三河中高一貫の体育祭が今年も実施されました。中高一貫の体育祭は、毎年大学体育館で行います。当日は朝日が降り注ぐ体育館の床にラインテープを貼って競技場を作ることから始まります。選手の召集・誘導からタイム測定や線審、スコア管理まで全てを先生からの指示なくこなします。ちょっとしたアクシデントにも慌てることなく、仲間同士で協力して、的確に判断し対応しました。選手と比べるとスポットライトが当たりにくい実行委員ですが、この実行委員がいないと体育祭は成り立ちません。体育館の片づけが終わった際、実行委員会の解散式があると聞いた委員長の「いやだ、解散したくない!」という言葉には様々な意味が込められているのだと思います。時に厳しいことを言われながらも、体育祭を成功させた達成感は特別なものとなったのでしょう。その場にいた人たち全員にその言葉が聞こえていたかどうかはわかりませんが、他の委員も様々な思いを抱えていることでしょう。大きな行事を企画・提案し、実行に移した実行委員の皆は、社会に出ても活躍することは間違いありません。本当にご苦労様でした。

2学期始業式

9月に入り、三河中高一貫の生徒も2学期がスタートしました。夏休み中、大きな怪我や病気、トラブルの報告を受けることなく2学期をスタートすることができ、大変喜ばしいことです。各学年代表生徒による始業式での決意発表の中で、自分の将来について述べる高校生がいました。夏休み中に進路研究のために大学見学へ出かけたものの、自分が将来やりたいことが定まっていないことを認識したとのことでした。「将来に向けてモチベーションを維持し、今を大切にして目の前のことに一生懸命に取り組むしかない。」という結論に至ったようです。やりたいことがまだ決まっていない現状に甘んずることなく、自分をしっかりと分析できることには感心します。思わずうんうんと頷きながら聞いてしまいました。

 

体育祭、文化祭、修学旅行など行事が目白押しの2学期。楽しいことやつらいことがあると思いますが、活気ある学校生活を送ってほしいと思います。

休み明け

三河中高一貫の生徒は、1学期終業式後に約2週間、お盆明けに約1週間のサマーセミナーを実施しています。連休明けは、久しぶりに校舎に生徒の元気な声が響き渡ります。中学生は、こんがりと日焼けをした生徒、久しぶりに会う級友と談笑する生徒、教員に連休中のおみやげ話を楽しそうに話してくれる生徒など様々です。一方、高校生は中学生よりもさらに長い期間で、模擬試験や大学入試を意識した90分補習に励んでいます。疲れを見せる生徒も多少いますが、模擬試験に臨む姿は頼もしく感じました。中学生も高校生も残り1週間のサマーセミナーをやり切り、2学期の授業に備えてほしいと思います。

ガッツポーズ

期末考査を終え、先日テストの返却をしました。解答用紙が返却されると、生徒の反応は様々。その場で勢いよく点数を見たり、恐る恐る覗くように点数を見たり、自分の席でこっそりと点数を見たり…。そんな中、「よっしゃー!」とガッツポーズとともにぴょんぴょんと飛び跳ねる姿がありました。自分の中で目標があり、その点数を上回っていたのでしょう。思わずこちらもにっこりと微笑んでしまいました。自ら目標を立て、それを達成すべく主体的に学んでいく姿勢が大切だと改めて認識しました。そんな生徒たちをずっと応援していきます。

「あなたはどう思いますか。」

「自分の意見を持ちなさい。」授業などでよく話をします。中高一貫4、5年生では、今年度から導入したALTの授業で、ネイティブ講師からWhat do you think?(あなたはどう思いますか。)という問いかけが頻繁に聞こえてきます。また、英検2級の二次試験にもなると、Some people say that trains and buses in Japan use too much air conditioning in summer. What do you think about that?(夏になると日本の電車やバスは冷房を使い過ぎていると言う人もいます。あなたはそのことについてどう思いますか。)のような質問を、正しく理解し、瞬時に判断して答えなければなりません。これは日常生活でも同じことが言えると思います。「すごいと思いました。」、「感動しました。」などという薄っぺらな意見ではなく、三河中高生が幅広い知識を持ち、説得力のある意見が発信できる人になれるよう工夫をしていきます。

歓喜と悔しさ

三河中高一貫名物英検補習が始まって約2週間。3級と4級では毎日実施する小テストの後、宿題として解いてきた過去問の解説を聞きます。採点を終えると毎回スコアシートに自分の得点を記録していきます。その際、「やった!上がった!」と歓喜する声や、「今回は全然駄目だ。」と悔しそうな声などさまざまです。隙間時間には、単語を覚えたり問題を解いたりするなど、同じ級の子に負けまいと必死です。この練習での歓喜と悔しさの積み重ねが、英検合格に繋がることを信じています。さあ、いよいよ本番。全員で合格だ!

勇気ある挙手

学年を越えた縦割りの団活動が今年度も始まり、先日各団が顔合わせをしました。それぞれが自己紹介をして、通年のリーダーである団長と副団長を決めようとしていたときのことでした。とある団では立候補制をとっていたのですが、誰も手が挙がらず、教室内は凍り付いていました。多くの生徒は内心「どうしよう。」とどきどきと落ち着かない雰囲気の中、上級生が2人同時に「はい!」と挙手をしました。全員が賛成し、新団長・副団長を中心に話し合いを進めていきました。今年度も各団のカラーが見られそうです。

top