愛知産業大学三河中学校

教員ブログ「まなざし」

愛知産業大学三河中学校教員ブログのタイトルを「まなざし」と名付けました。勝手な思いですが、「まなざし」という言葉の響きには、成長・活躍・努力する我が子(生徒)を、手を伸ばせば届きそうな距離から、あえて手を出さずにじっと見守る保護者(先生)の微妙な心情が感じられます。教育の最終的なゴールは、子供を「自立」させることだとよく言われます。まずはしっかり躾け育て、ある時期を見て、そっと手を放す。保護者や教師にとっては少々の(多大な?)不安を感じながらも、あとは子供を信用して見守る・・・このような距離感が子供や保護者自身を成長させるように思います。そして我々教師は、このようなステップを経て、お子さんの成長の手助けができるよう日々悩み苦しみ、結果として成長が認められた時、最高の感動を覚えるのです。この「まなざし」の精神を忘れたくはありません。どうぞ今後とも、私たちの「まなざし」の実践を見守ってください。よろしくお願いします。

top