愛知産業大学三河中学校

英語とどう向き合うか

講演会の後、高校生の英語の授業に入りました。授業を進めたいところでしたが、講演会を聞いて生徒がどのように感じたのかを知りたいと思いました。そこで、今後英語とどう向き合っていくかを考え、作文させました。「1つの単語が派生して多くの単語が作られることを知ったので役立てたい。」、「ただ暗記するのではなく、その根本を知りながら楽しみたい。」、「頑張って英語で伝えようとする姿勢を大切にしたい。」などの意見が出ました。英語という言語を知ることと学校で学んでいる英語は少し異なります。役に立つ、立たないの次元で学習するのではなく、自分を高めるための学習を今後も目指してほしいものです。

top