愛知産業大学三河中学校

参考書

先日ある生徒たちとの会話で、「この間電車に乗っていたとき、他校の高校生の参考書が付箋でいっぱいでした。すごく驚きました。」と言っていました。また別の生徒は、「参考書と別の参考書をくっつけて、辞書みたいに分厚くなっている参考書を見ました。」という話もありました。「人にはそれぞれ勉強法があるんだよ。中には単語帳をざっくりと切って使う人もいるんだよ。」と伝え、「君たちも負けてられないね。」と付け加えました。
大学進学を目指す生徒は誰しもが持っている参考書。学習内容や知識を網羅的かつ体系的に配列されたものであり、わからないところを調べたり、既習事項を復習したりするために自主的に使ってもらいたいものです。(当然、授業でも用いることもあります。)夏休み中の受験対策講座では、「参考書が新品同様の人がいますね。」と講師からチクリと言われている生徒がいました。参考書は、言わば用語、公式、資料、重要表現などの宝庫です。これらをきっちりとマスターすることができれば、大学受験が成功へと近づくはずです。頑張れ、中高一貫生!!

top