愛知産業大学三河中学校

社会研修(2年生)

2年生は碧南市にある2つの施設を見学しました。

まず碧南火力発電所ではその施設の巨大さに驚き、また、電気は365日休まず発電していること、その仕事に関わっている方々にゴールデンウィークや正月休みはないことなどを知りました。
また碧南海浜水族館では学芸員の方の案内で水族館の裏側を見学しました。水中の生き物を実際に見たり触れたりすることで教室ではできない体験をしたり、水族館を運営する苦労話を聞くことができました。

今回見学したどちらの施設も普段の私たちの生活からは見えない工夫や苦労があることがわかりました。この研修を通して、私たちの社会は多くの人々によって支えられていることを垣間見ることができたのではないかと思います。

田植え

5月8日(水)に本校近くにある「小久井農場」の協力を得て、1年生31名が田植えを体験しました。

まず、農作業に使う大型機械などの見学をし、その後、食の大切さなどについて講話を受けました。
このあと田んぼに移動。小久井社長からは「君たちのお家の方が、君たちを気遣い支えて育ててくださったように、今日は苗の親になるつもりで心をこめて田植えをしてください。」とのお話と植え方の説明を受けました。
苗を受け取った生徒たちは、泥の感触を楽しみながら田植えをしました。

今後、7月に草取りを、9月には稲刈りを行います。立派に実ってくれることを1年生全員が祈っています。

top