愛知産業大学三河中学校

バス内のチラシ

その朝、「おはよう。」いつも通りバスから降りてくる生徒と挨拶を交わしていると、乗降用ステップに一枚のハガキ大のチラシが落ちていました。拾おうとしましたが次から次へと生徒が降りてくるので拾うことができません。降りてくる生徒の一人が拾い上げて、ゴミ箱に捨ててくれるか、「先生、落ちていました。」と届けてくれることを期待しましたが残念ながら希望は叶わず、全員が降りてから踏まれて床にへばりついたチラシを拾い、寂しい気持ちでゴミ箱に捨てました。研究会で訪れたある学校の壁には「落ちているゴミを跨ぐなかれ」というポスターが貼られていたことを思い出しました。

考査中にて

その日は物理の中間考査がありました。いつになく、書くよりも考えている生徒の姿が目立ちました。そして生徒それぞれ考えるポーズが違うことがわかりました。頬杖を突く、頭を抱える、やや上を見る、口に手をやる、鉛筆を持ったままピタッと静止する、両手人差し指でこめかみを突く・・・。恐らく、ある問題について様々な角度から解法を見つけようとしていたのでしょう。考える姿は格好いい。また心の底から彼らを応援したくなりました。

社会研修④ 知識の探求

2年生は名古屋市科学館と名古屋ボストン美術館へ行きました。名古屋市科学館では、理工館、生命館、天文館があり、展示や体験コーナーで目だけではなく、体を使って学習をしたところもありました。昼食後はギネスにも認定されたプラネタリウムを観覧しました。星座の探し方を大変わかりやすく教えていただきました。その後、名古屋ボストン美術館で絵画を見て、芸術の素晴らしさを学びました。

CIMG8500 CIMG8527 CIMG8535 CIMG8538

社会研修③ 「勇気ある知識人」

社会研修で名古屋大学を訪れたところ、広報プラザ内インタビュー室で学校案内をしていただきました。(関係の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。)その中で、総長先生が進める大学改革において、「勇気ある知識人」の育成というお話が印象的でした。中高で学んだ勉強を、大学などで実践させる勇気をもつ人材を育てたいとのことです。机上の理論を試す行動力・実践力が問われる時代でもあります。その他、「知の創造」「憧れとロマン」「和をもって尊しとなす」など、初代総長やノーベル賞受賞者からのメッセージは、必ずや生徒の心に響いたに違いありません。真剣なまなざしでその話を聞く中高一貫第1回生一人ひとりの将来を思いつつ、彼らの背中を見つめていました。

社会研修② 好奇心

名古屋地方裁判所見学でのワンシーンです。広報担当の方から「裁判所には5種類ありますが、知っていますか。」と質問を受けると、ある生徒が挙手をして「最高裁判所、高等裁判所、地方裁判所、簡易裁判所、家庭裁判所です。」とスラスラと答えました。また「法衣が黒い理由を知っていますか。」という質問には、同じ生徒が「確か何色にも染まらないという意味だと思います。」と答え、担当の方が感心していました。その生徒は社会的関心が高く、知的好奇心が旺盛です。以前、「ポケモンの名前覚えて九九言えず」という川柳が話題になったことがありますが、興味・関心を持つことによる教育効果の高さがわかりました。今後の授業作りの参考になった光景でした。

社会研修① 心のこもったroutine

ラグビーの五郎丸選手のポーズで有名になったroutineという言葉。ある辞書によれば「型にはまった習慣的な行動」とあります。さて、社会研修で名古屋地方裁判所と名古屋大学を見学した時のことです。それぞれの広報担当の方が丁寧に説明をしてくださり、生徒は裁判の仕組みや裁判員制度、または名古屋大学の概要やノーベル賞の裏話などについてよく理解できたようです。生徒たちは、資料を受け取った時や質問が終わった時などに、「ありがとうございます。」と自然に口にしていました。一種のroutineかもしれませんが、空虚な言葉ではなく、その様子から、心すなわちお礼の感情が確かに存在していました。日々の家庭における躾がこのような場でも自然に出るものだと大いに感心し、今後の学校教育活動の参考となりました

素直力と気づき力

指示を出さないと黒板を消したり教室のカギの管理が出来なかったりした状況を見て、生徒に語った内容です。「君たちは日直だとわかっていれば仕事はできるだろう。しかし、社会では自分で創る仕事の方が多い。周囲をよく見て自ら気付き、他人のしないこと、嫌がること、難しいことを積極的に取り組む人材であれ。また、これでよいと満足するのではなく、常に向上心を持ちハードルを上げ続けよう。」次の日、日直でもない生徒が教室のカギを取りに来たり、授業後に自主的に黒板を消したりする複数の生徒の姿がありました。君たちの素直力は宝です。その素直力と気づき力を鍛え、社会で必要とされる人間に成長することを期待しています。応援していますよ。

top