愛知産業大学三河中学校

遠くからの「おはようございます」

国旗・校旗を掲揚するために外へ出ると「おはようございます。」と声が聞こえました。よく見ると、一人の生徒が坂を上がってきます。まだ姿が小さく見える程度ですが、そこから元気に挨拶をしてくれたのでした。こちらも思わずいつもより大きな声で。「おっ、おはよう。寒いねえ。」と明るく返しました。なかなか挨拶ができないと言われる中で、遠くにいる先生や大人を見つけて、挨拶ができる姿は本当に立派で感心します。本人の素直な性格と保護者の方の躾に対する思いを感じることができました。

団長の言葉

マラソン大会本番の日、スタート直前に各団で集まり士気を高めていた時のこと。ある団では4年生のリーダーが励ましの言葉を述べていました。「チームのためというより、自分のために走ろう。」実はあまり運動が得意ではないリーダーだからこそ、マラソンを走るつらい気持ちを理解できた上での言葉に重みがあり、惹かれてしまいました。マラソン終盤、フラフラしながらも必死に走るリーダーの姿が感動的でした。

top