愛知産業大学三河中学校

「いやだ、解散したくない!」

体育祭実行委員会が中心となって運営される三河中高一貫の体育祭が今年も実施されました。中高一貫の体育祭は、毎年大学体育館で行います。当日は朝日が降り注ぐ体育館の床にラインテープを貼って競技場を作ることから始まります。選手の召集・誘導からタイム測定や線審、スコア管理まで全てを先生からの指示なくこなします。ちょっとしたアクシデントにも慌てることなく、仲間同士で協力して、的確に判断し対応しました。選手と比べるとスポットライトが当たりにくい実行委員ですが、この実行委員がいないと体育祭は成り立ちません。体育館の片づけが終わった際、実行委員会の解散式があると聞いた委員長の「いやだ、解散したくない!」という言葉には様々な意味が込められているのだと思います。時に厳しいことを言われながらも、体育祭を成功させた達成感は特別なものとなったのでしょう。その場にいた人たち全員にその言葉が聞こえていたかどうかはわかりませんが、他の委員も様々な思いを抱えていることでしょう。大きな行事を企画・提案し、実行に移した実行委員の皆は、社会に出ても活躍することは間違いありません。本当にご苦労様でした。

2学期始業式

9月に入り、三河中高一貫の生徒も2学期がスタートしました。夏休み中、大きな怪我や病気、トラブルの報告を受けることなく2学期をスタートすることができ、大変喜ばしいことです。各学年代表生徒による始業式での決意発表の中で、自分の将来について述べる高校生がいました。夏休み中に進路研究のために大学見学へ出かけたものの、自分が将来やりたいことが定まっていないことを認識したとのことでした。「将来に向けてモチベーションを維持し、今を大切にして目の前のことに一生懸命に取り組むしかない。」という結論に至ったようです。やりたいことがまだ決まっていない現状に甘んずることなく、自分をしっかりと分析できることには感心します。思わずうんうんと頷きながら聞いてしまいました。

 

体育祭、文化祭、修学旅行など行事が目白押しの2学期。楽しいことやつらいことがあると思いますが、活気ある学校生活を送ってほしいと思います。

top