愛知産業大学三河中学校

英語とどう向き合うか

講演会の後、高校生の英語の授業に入りました。授業を進めたいところでしたが、講演会を聞いて生徒がどのように感じたのかを知りたいと思いました。そこで、今後英語とどう向き合っていくかを考え、作文させました。「1つの単語が派生して多くの単語が作られることを知ったので役立てたい。」、「ただ暗記するのではなく、その根本を知りながら楽しみたい。」、「頑張って英語で伝えようとする姿勢を大切にしたい。」などの意見が出ました。英語という言語を知ることと学校で学んでいる英語は少し異なります。役に立つ、立たないの次元で学習するのではなく、自分を高めるための学習を今後も目指してほしいものです。

2学期スタート

夏休みが終了し、久しぶりに生徒たちが元気に登校しました。ホームルームと防災訓練を終えた後、2学期始業式が実施されました。以下は、各学年の代表者が述べたスピーチの抜粋です。

  ・様々な視点から物事を見て、判断できるようになりたい。
  ・生活習慣を整えて、オーストラリア語学研修を楽しみたい。
  ・高校生になったので、予習・復習をしっかり行い、甘えずに学習に取り組みたい。
  ・先輩の助け、後輩の協力、先生方のご助言により、9月末の文化祭を立派なものにしたい。
  ・クラス全体の雰囲気づくりを大切にして、クラス全体で学力向上を目指したい。
  ・第一志望合格に向けて具体的な計画を立てることによって、大学入試勉強を頑張っていく。

期間の長い2学期。学校行事や学習など、各々が目標を達成しようとする努力を期待しています。

top