愛知産業大学三河中学校

学年の垣根を越えて

全校朝礼と言えば、全校生徒が集合して校長先生をはじめ先生方のありがたい話を聞くのが一般的であり、その重要性も大いにあります。しかし、中高一貫では今年度新たな取り組みに挑戦しています。一方的に話を聞くのではなく、生徒が主役となり、与えられたテーマに沿って意見を出し合い、グループで答えを導き出すという活動を取り入れました。「主体性」や「多様性」が叫ばれ、積極的に物事に参加し、意見を持ち、堂々と発信する姿勢を身につけることが目的であります。第1回は、学習成績の良くないアニメキャラクターを題材にし、「このキャラクターの成績が良くない原因とその解決策」についてグループで話し合いました。現実的な意見からユニークなアイデアまで出揃い、最後に代表者が発表しました。この活動を継続的に行い、今後社会で活躍する生徒になることを期待しています。

top