愛知産業大学三河中学校

アダプティブラーニング

先日、「アダプティブラーニング」という言葉が職員室で少し話題になりました。勉強不足ではありましたが、Adaptive Learningのことですので、「適応学習」とでも訳すのだろうと思っていました。やはりその通りで、一人ひとりの学習進行度や理解度に応じて学習内容や学習レベルを調整して取り組むことです。特にICT教育やeラーニングの分野に見られる言葉(用語)のようです。この「アダプティブラーニング」ですが、情報機器は使っていないものの、広い意味で捉えると、中高一貫でも行っています。難しい問題に挑戦したい生徒は模擬試験や過去問などのプリントが与えられたり、復習したい生徒はやさしい問題を与えられたりと、生徒と教科担任の先生が相談をして取り組んでいます。ハードルの高すぎず低すぎない、個に合わせた学習(時には生徒指導)が提供できるため、個人的にはお気に入りの教育用語となりそうです。

「だんだんわかってきたぞ」

英語のとある補習の日のこと。仮定法の復習をしてほしいとのことで、教材を準備して、一つひとつゆっくりと丁寧に説明をしていました。なぜそうなるのかずっと気になっていたためなのか、質問の嵐でした。ある程度ポイントが掴めたようだったので、プリントで演習をさせました。頭では理解していても、すぐには全部マルにはなりません。間違える度に質問をして、諦めず、理解しようとする姿を見ると、教える側も熱が入ります。あっという間に時間が過ぎる中、「だんだんわかってきたぞ。」という言葉には感動すら覚えます。

参考書

先日ある生徒たちとの会話で、「この間電車に乗っていたとき、他校の高校生の参考書が付箋でいっぱいでした。すごく驚きました。」と言っていました。また別の生徒は、「参考書と別の参考書をくっつけて、辞書みたいに分厚くなっている参考書を見ました。」という話もありました。「人にはそれぞれ勉強法があるんだよ。中には単語帳をざっくりと切って使う人もいるんだよ。」と伝え、「君たちも負けてられないね。」と付け加えました。
大学進学を目指す生徒は誰しもが持っている参考書。学習内容や知識を網羅的かつ体系的に配列されたものであり、わからないところを調べたり、既習事項を復習したりするために自主的に使ってもらいたいものです。(当然、授業でも用いることもあります。)夏休み中の受験対策講座では、「参考書が新品同様の人がいますね。」と講師からチクリと言われている生徒がいました。参考書は、言わば用語、公式、資料、重要表現などの宝庫です。これらをきっちりとマスターすることができれば、大学受験が成功へと近づくはずです。頑張れ、中高一貫生!!

責任

先日、全学年で協働学習を行いました。この日は、「成人年齢引き下げについて」ついて討論をしました。成人年齢が、2022年4月から、20歳から18歳に引き下げられるということで、現3年生は20歳、現2年生は19歳、現1年生が18歳になる年に新成人となります。そのことを踏まえて、賛成か反対、疑問点、率直な感想などをグループで意見を出し合い、最後に代表者が発表しました。やや難しそうなテーマにも見えましたが、一人ひとりの率直な意見を出し合う姿には頼もしく感じました。話し合いの中では、早く自立したいと思う人がいるから良い、成人式はどうなるのか、飲酒や喫煙も18歳でも問題ないのではないかなど、様々な意見が出てきました。とあるグループにあった「成人になるということは責任を持たなければならない。」という意見を、担当の先生は特に強調して、この日の協働学習を終えました。

top