愛知産業大学三河中学校

トイレ掃除

トイレの便器に汚れが溜まっているかもしれないという連絡があり、確認していたらやはり溜まっていました。なかなか普段の清掃時間では手が回っていない箇所でもあるため、短縮授業期間中に掃除をしようと決心しました。やや生徒にすがる思いで、「英語の補習を受けるかトイレ掃除するか、どちらがいい?」と聞いてみると、「トイレ掃除で。」と即答。そして2人でトイレを磨いていると、他の男子生徒2名も手伝ってくれました。「汚い!」と言いながらも、汚れている所にも率先して素手を伸ばして掃除をする姿が一番の感心です。おかげでとてもきれいになりました。大人と同じように生徒にも得手・不得手がありますが、それだけで人を判断せず、一人ひとりの良さが輝く学校、もっと言うと社会でありたいものです。

察する力

高校生に今後どのように勉強したらいいかを尋ねられて、自分なりに助言をしていました。丁度いい教材を見つけたため、夕方渡そうとしていたら、その生徒は他の先生と行事の打ち合わせをしていました。話が終わりそうになかったので、「用事が済んだら声をかけてね。」と伝えてその場を離れました。すると、来客があり私も別室で打ち合わせに入ってしまいました。時間も経っていたので、生徒も下校してしまっただろうと半ば諦めながらお客様を見送っていました。しかし、その生徒は待っていてくれており、「お忙しいのにすみません。」と駆け寄ってくれました。一言も文句を言わず、相手の立場に立って発したその言葉に嬉しく思いました。このように、相手の気持ちや状況を察することで人間関係が良好に保てるのだと思います。「こちらこそ待たせてごめんね。」と伝えて、教材を渡すことができました。

あたたかい人②

教室にいると女子生徒2人から、「先生、来てください!虹です!」と声をかけられました。ベランダに出ると、何気なく見ているだけだとなかなか気づきませんが、確かに雲と雲の間から覗かせる短い虹が見えました。スマホやオンラインなどの技術の発達により、お互いに顔を合わせず、別の画面を見ながら会話が成立してしまう時代だからこそ、彼女たちのように同じ景色を見て気持ちを共有するような、ある意味で温かみのある人になってほしいと思います。「よく見つけたね。綺麗だね。」と、しばらく一緒に眺めて教室を後にしました。

あたたかい人①

オーストラリア語学研修中のことです。緊急時用の救急セット、お世話になる現地職員への手土産、アラダラ高校からの大きな記念品など、引率教員としては私物以外の持ち物が多く、移動に手間取ることがよくありました。特に、アラダラの地を離れシドニーまでの移動や宿泊ホテルや空港での移動は荷物が多く大変です。そんな中、自分のスーツケースがあるにもかかわらず、「先生、これ持ちますよ。」と、ヒョイと自分の荷物に加えてくれる生徒がいました。表情から、いい格好をしたい訳でもなくただ単に相手を思う気持ちが伺えました。生徒に甘えてはいけないと思いつつも、温かみを感じた一コマでした。

英語とどう向き合うか

講演会の後、高校生の英語の授業に入りました。授業を進めたいところでしたが、講演会を聞いて生徒がどのように感じたのかを知りたいと思いました。そこで、今後英語とどう向き合っていくかを考え、作文させました。「1つの単語が派生して多くの単語が作られることを知ったので役立てたい。」、「ただ暗記するのではなく、その根本を知りながら楽しみたい。」、「頑張って英語で伝えようとする姿勢を大切にしたい。」などの意見が出ました。英語という言語を知ることと学校で学んでいる英語は少し異なります。役に立つ、立たないの次元で学習するのではなく、自分を高めるための学習を今後も目指してほしいものです。

2学期スタート

夏休みが終了し、久しぶりに生徒たちが元気に登校しました。ホームルームと防災訓練を終えた後、2学期始業式が実施されました。以下は、各学年の代表者が述べたスピーチの抜粋です。

  ・様々な視点から物事を見て、判断できるようになりたい。
  ・生活習慣を整えて、オーストラリア語学研修を楽しみたい。
  ・高校生になったので、予習・復習をしっかり行い、甘えずに学習に取り組みたい。
  ・先輩の助け、後輩の協力、先生方のご助言により、9月末の文化祭を立派なものにしたい。
  ・クラス全体の雰囲気づくりを大切にして、クラス全体で学力向上を目指したい。
  ・第一志望合格に向けて具体的な計画を立てることによって、大学入試勉強を頑張っていく。

期間の長い2学期。学校行事や学習など、各々が目標を達成しようとする努力を期待しています。

スポーツフェスティバル実行委員会発足

今年度は時期が変更になり、先日スポーツフェスティバル実行委員会(旧体育祭実行委員会)が発足されました。今年も生徒が中心となりアイデアを出し合い、時間の限られた中で準備をして本番を盛り上げていきます。本番は7月実施という暑い時期ですが、今から楽しみです。

「先生、僕も補習に参加したいです」

中学生は授業が終わると、次の期末考査に向け、曜日毎に各教科の補習があります。授業の復習をメインに定着を図っていますが、とある生徒から「先生、僕も補習に参加したいです。」と相談がありました。英語が好きだという理由だと思っていましたが、別の日に教室を覗くと、その教科の補習にも参加をしていました。最近は、その学年では朝一番に登校し教室の鍵を取りに来て、帰りは通学バスが19時に発車するギリギリまで勉強しているようです。その姿には頼もしく思います。さあ、来週から期末考査。頑張れ、三河中生!

一貫研修日

5月2日(水)は「一貫研修日」として、普段の授業日とは違い、午前はワークショップ、午後は奉仕活動を行いました。
午前の部では、全学年の縦割り6人程度の10班でグループワークを行いました。
「コロコロ人生劇場」では、サイコロを振り、出た目の数での学歴・職場が決まり、生涯賃金を算出するなど、ゲーム的要素を取り入れたものでした。楽しさがある反面、将来の自分の姿は今ある学校生活にあり、今どんな目標を掲げ行動することにより達成できるかを学習しました。
「新入社員を確保せよ!」では、グループ内の話し合いで、会社名や事業内容を決め、どんな人を採用するかをシミュレーションしていく内容でした。ワークショップ終了後、将来社会に適応し、貢献できる人物になるために視野を広げる必要があると感想を述べている生徒もいました。
机上での学習ではなく、他者と意見を交わし、発表していくというまさにアクティブラーニングそのものでした。学年を越えて活発的に取り込む姿勢は立派でした。
午後からは校舎内外の清掃活動を行いました。校舎内外の清掃活動は生徒の自主性に任せ、小雨降る中草取りに多くの生徒が参加しました。

平成30年度スタート

先日、平成30年度1学期始業式が行われました。いつものように各学年の代表生徒によるスピーチがありました。中学生は積極的に行事に取り組むことや卒業式に向けて意識を変えていくこと、高校生は考査や検定などにおいて結果にこだわって学習することや生活習慣の改善などを目標として決意発表をしました。今年度は体育祭や文化祭、修学旅行などに加え、大学入試を迎えることになり、盛り沢山な一年となりそうです。中学生も高校生も、一人ひとりが充実した学校生活を送ってくれることを願っています。

top