愛知産業大学三河中学校

文化祭

9月29日、三河中学校・高等学校は文化祭を実施しました。中学校校舎では、主に中学生による合唱、総合発表と高校生による学習発表が行われました。また、別会場では模擬店の出店やインドネシアに関する展示もありました。さらには、スタンプラリーを企画したクラスや、学年を越えたバンドを結成して演奏をした生徒たちもいました。補習を受けながら時間がない中でも、準備や練習をやり切り、文化祭当日を成功させることができました。

講演会

9月7日、保護者会主催講演会が実施されました。英語の授業研究、英語教科書分析等をされている愛知産業大学の各務行雅准教授をお招きし、『英語の「なぜ?」を解き明かす10の秘話』というタイトルでご講演いただきました。単語の覚え方、Good morningの本来の意味、英語の音のリズムにおける話、日本語と英語の違いには文化的な背景があることなど、大学で学ぶような英語学的な内容を、中・高生にわかりやすくお話をしていただきました。これを機に、生徒たちの英語学習の更なる励みに期待しています。

スポーツフェスティバル

7月16日(月)、スポーツフェスティバルが実施されました。今年は各行事や高校3年生の大学受験などの都合により、真夏の猛暑日の実施になりました。今年度も大学体育館で行われたため、朝早くから実行委員を中心に、コート作りから始まりました。開会から閉会まで、教員の指示もなく、何をすべきかを的確に判断できる実行委員の行動力は毎年感心しています。また、猛暑にもかかわらず、出場選手はリレーなどの競技に手を抜かず真剣なまなざしや、最後まで声援を送るチームメイトの暖かさにより、スポーツフェスティバルは成功に終わりました。暑い中、応援に来てくださった保護者の皆様や来賓の皆様、本当にありがとうございました。

薬物乱用防止教室

中学3年生を対象に、薬物乱用防止教室が実施されました。岡崎警察署の方を講師としてお招きし、講演をしていただきました。薬物は、脳が侵されてしまうこと、心が病んでしまうこと、命を落としてしまうことなど、薬物の危険性を学びました。また、薬物を一度だけ使った場合や未成年が喫煙した場合も「薬物乱用」にあたるとのことでした。講演を終えた後に生徒から感想を聞くと、「お話を聞いて、薬物は怖いなと思いました。」とのことでした。

日中交流

7月11日(水)、中国江蘇省から小学生と中学生の計28名の一行が来校しました。三河中高の概要の紹介やスポーツフェスティバルに向けた団活動、中学生3年生の体育と美術の授業に参加しました。三河中高生と一緒にラジオ体操や大縄跳び、彫金の下書きなどを体験し、中国ではないことばかりで、どれも新鮮であるとのことでした。中学生3年生と一緒に昼食を取った後、記念撮影をして次の目的地へ向かっていきました。御一行のスケジュールの都合により短い時間でしたが、英語で質問したり、名前を覚えてもらおうと自己紹介したりする姿が見られ、三河中生にとっても貴重な時間となりました。

写生会

先日、中学生が写生会のため、おかざき世界子ども美術博物館へ出かけました。気温が高く暑い日となりましたが、一人ひとりが一生懸命に絵を完成させました。特に、建物のタイルの部分を非常に細かく下書きをし、色塗りをしている姿が印象的でした。次回の美術の時間に、担当の先生から仕上げの指導を受けて完成となります。どのような作品が見られるかが楽しみです。

アラダラハイスクール来校

本校の姉妹校であるアラダラハイスクールの生徒と先生が、4月23日(月)に来校しました。本校の生徒とは、体育の授業で剣道をして交流したり、英語の授業でお互いの趣味や文化について意見を交わしたりしました。また、お茶や和菓子の試食や国語教員による書道授業の体験もしてもらいました。以前本校の生徒がホームステイでお世話になったホストスチューデントも来校したことから、今年は1日という短い時間にもかかわらず、非常にフレンドリーさに溢れた1日となりました。


速報! 更なる快挙!!

戸松大輔君、2018 アーチェリーアジアカップ  バンコク大会

金メダル獲得!

本日、3月7日(水)午後に行われた決勝戦で、フランスの選手を破り、金メダルを獲得しました!

おめでとうございます!

快挙! 戸松大輔君、アーチェリー世界室内大会 銀メダル獲得!

2月14日から19日まで、アメリカのサウスダコタ州、ヤンクトンで行われた、アーチェリー世界室内大会において、本校5年生の戸松大輔君が、見事銀メダルを獲得しました。

本年度も、U-17 アーチェリー日本代表として活動をしてきましたが、今回自身初となるシニアの大会での銀メダル、という大変素晴らしい結果をつかみ取ることができました。
予選では自己ベストの記録で予選を5位で通過し、決勝トーナメントへ。今回はシニアの大会ということもあり、各国の代表選手は世界大会を何度も経験している選手や世界ランキングの上位選手ばかり。中にはオリンピックに出場した選手も。そんな選手達に囲まれて試合をする中には緊張もあったと思いますが、それに打ち克ち決勝戦へ進出。

決勝戦では金メダルをかけてオランダの選手との対戦となりました。決勝戦は、準決勝までとは全く違う雰囲気の中で、一射一射集中して矢を放ちました。しかし相手は世界ランクの上位に名を連ねる選手。最後までベストを尽くしましたが善戦及ばず、準優勝、銀メダル獲得となりました。

最後の試合に勝つことはできなかったものの、銀メダルを首から提げ、表彰台から見えた景色は、戸松君にとって格別のものとなったはずです。また、彼の毎日の努力、今までの積み重ねが大きな実となった瞬間でもあったと思います。頑張り続けたからこその結果だと思います。

戸松大輔君、銀メダル獲得、本当におめでとう!

学力コンクール

先日、中学生が一斉に学力コンクールに臨みました。内容は漢字の書き取り、計算、英単語の書き取りです。日頃の復習が主な目的で、コンクールに向けて隙間時間を利用して勉強する生徒が見られました。それぞれ100点満点で、結果は団競技にも加点されます。後日、高校生の部も同様に実施される予定です。最後の団競技種目となり、どの団が優勝するのかが楽しみです。

top