愛知産業大学三河中学校

3年生 社会研修

5月6日(金)、4学年がそれぞれ社会研修に出かけました。3年生は、有松・鳴海絞会館と桶狭間古戦場を訪れました。午前中は名古屋にある有松・鳴海絞会館を訪れて、有松絞りの特色や工程などを学んでから、ハンカチ絞りの体験をさせていただきました。針と糸を使うため慣れないことで苦戦していた生徒もいましたが、一人ひとりが布に丁寧に針を通しながら伝統文化を堪能していました。後日布を染めていただけるということで、学校に届くのが楽しみです。絞りを教えていただいた講師の方や職員の方にお礼の挨拶をした後、有松の町並みの散策に出かけました。少ない時間でしたが、日本の美しさが息づいた町並みを楽しむことができました。

午後から訪れた桶狭間古戦場では、とよあけ桶狭間ガイドボランティアの方々が古戦場の案内をしてくださいました。雨が降っていたにも関わらず、桶狭間の戦いの戦況、古戦場と戦いとの関わり、今川義元にまつわるエピソードやお墓についてなど、多岐にわたって一つ一つ丁寧にガイドしてくださいました。中でも、桶狭間の戦いがわずか2時間の出来事であったということに驚いていました。机上での勉強ではなかなか知り得なかったことを知ることができて興味を持った生徒もいるようです。和の文化、日本の史跡に触れることができ、充実した1日を過ごすことができました。

CIMG9338CIMG9340CIMG9354CIMG9409

 

 

top