愛知産業大学三河中学校

1年社会研修

5月6日、1年生の社会研修は三州足助屋敷と和紙のふるさと工芸館の2か所を見学しました。今回の研修の目的は日本の伝統文化のすごさを見つけることでした。生徒が見つけた一部を紹介すると、「木や水など、自然のものから簡単な方法で紙を作っているところ」「一つのものを心を込めて丁寧に作ること」「大変な手間ひまをかけてものづくりが行われていること」などがありました。身近でありながら気づかなかったことを知ることで、今の生活の便利さや伝統文化を見直すきっかけとなりました。

CIMG4706 CIMG4709 CIMG4734 CIMG4740

top