愛知産業大学三河中学校

球技大会

7月5日、今年も球技大会を開催しました。団活動行事の第一弾です。中高一貫の生徒は期末考査を終えて勉強続きによる運動不足の解消と、中・高生の交流を深めるべく、汗を流しました。今年はバスケットボールとバレーボールの同時開催でした。

バスケットコートでは、「パスっ!」や「走って!」などと上級生が下級生に指示を出したり、バスケット経験者の下級生がドリブルで果敢に攻めるために上級生がフォローしたりとそれぞれのチームの特色が出ていました。

バレーコートではどのチームも必死にボールを追いかけました。中には見よう見まねでスパイクを打つ生徒もいました。得点を決める度に「おおっ!」という歓声が上がっていました。

どのチームも先輩後輩・男女問わず、応援席から「〇〇君、ナイスっ!」や「〇〇先輩、がんばってください!」などと声をかけていました。どちらの試合も白熱し、体育館の気温は上昇するばかりでした。縦割りでの交流を深めるという最大の目的を果たすことができたのではないでしょうか。(総合優勝はB団でした。おめでとうございます!)

最後に、球技大会の準備と運営に携わった生徒会役員のみなさん、ご苦労様でした。怪我人や体調不良者が1人も出なかったのはきちんと休憩時間を設けたからです。また、分単位のスケジュールも遅れることなく見事な運営をしてくれました。反省点もありますが、次に生かしてくれることを期待しています。おつかれさま。

CIMG3144CIMG2863CIMG3126CIMG3132

 

top