愛知産業大学三河中学校

3年生オーストラリア語学研修

英語教育・国際理解教育を重視している本校は、毎年オーストラリアへ語学研修に出かけています。今年も11月10日から16日までの10日間、中高一貫3年生がオーストラリアへ語学研修に出かけました。本校にとって、最大の行事のうちの1つであります。半分以上の生徒は飛行機、海外が初体験。出国前は楽しみ半分、不安半分といったところでした。特に、1人1家庭ずつ入るホームステイに対しては、とても不安な表情を見せていました。そんな中、いざ出発。出国審査・入国審査も何のトラブルもなく通過することができました。目的地であるシドニー空港では当然英語で質問されます。審査をクリアし、ホッとした表情を見せる生徒がほとんどでした。中には、「意外と簡単だった。」という生徒もいました。授業できちんと練習した成果が出ました。

 

シドニー観光を終えて、ついに本校の姉妹校があるUlladulla(アラダラ)の地へ。ホストファミリーと対面し、各家庭へ向かっていきます。全員のあの緊張した表情は忘れられません。しかし2日目の朝、ホストスチューデントと笑顔で登校する姿を見ることができ不安は消えました。英語レッスンや遠足、スポーツなど多くの活動が控えていましたが、ホストスチューデントと楽しんでいるとあっという間に最終日を迎えてしまいました。最後のホストファミリーとのお別れでは、涙を流しながらなかなか離れられませんでした。不安だったホームステイも、ホストファミリーの温かい気遣いと三河中生の頑張りもあり、成功で終えることができました。

 

コーディネーターのパムさんやアラダラハイスクールの先生方、ホストファミリーなどたくさんの方々と出会い、刺激の多いオーストラリア語学研修となりました。

cimg5659cimg5982cimg6249cimg6316

top