愛知産業大学三河中学校

English Speech Contest 2017

英語の学習の一環として、中学生全員ひとり一人による英語の暗唱によるコンテストをおこないました。審査員は本校英会話担当のJoe先生、英語科教員。

1年生2人1組のスキット(寸劇)コンテストでは、買い物の場面の演技を通じて生活の中で使われる英語を自然な形で表現し、英語に親しんでいることがうかがえました。また2年生のレシテーション(暗唱)コンテストでは、無形文化遺産になった和食のよさを文化的な視点で説明するといった内容で、発音や抑揚など、繰り返しの練習によって全員が一歩飛躍したように思います。


 

 そして3年生のプレゼンテーションコンテストでは、各々独自の話題を自作の映像等を用いて説明しました。やはり3年生はプレゼンテーションに慣れてきています。楽しませてくれました。ありがとう。今日の経験は、きっと明日へとつながります。

 

top