愛知産業大学三河中学校

薬物乱用防止教室

中学3年生を対象に、薬物乱用防止教室が実施されました。岡崎警察署の方を講師としてお招きし、講演をしていただきました。薬物は、脳が侵されてしまうこと、心が病んでしまうこと、命を落としてしまうことなど、薬物の危険性を学びました。また、薬物を一度だけ使った場合や未成年が喫煙した場合も「薬物乱用」にあたるとのことでした。講演を終えた後に生徒から感想を聞くと、「お話を聞いて、薬物は怖いなと思いました。」とのことでした。

top