愛知産業大学三河中学校

修学旅行

12月11日〜13日、中高一貫2年生は、修学旅行で沖縄を訪れました。テーマは「平和学習」ということで、糸数壕(アブチラガマ)、平和記念資料館、ひめゆりの塔などを訪れました。ガイドさんの説明や資料・映像に真剣なまなざしを送っていました。また、2日目に行ったタクシー研修では、班毎で話し合って、那覇神社、琉球ガラス村、美ら海水族館などを訪問し、愛知県では見たり聞いたりできない体験ができたようです。最終日は、残念ながら首里城火災により、嘉手納基地を訪問することになりましたが、米軍戦闘機の飛行を目の当たりにし、騒音の悲惨さを肌で触れました。

—―以下は生徒の発言や感想文の抜粋です——
・糸数豪でのガイドさんの話の内容は、とても痛々しく聞いていられないことばかりでした。この事実を後世に伝えていかなければならないです。
・他の文化に触れ、理解することで防げる争いもあると思います。平和は、互いに理解することから始まると思うので、この考えを広めたいです。
・資料や映像をから、生々しく戦争の悲惨さを感じ、二度と戦争が起こってほしくないと改めて思いました。
・この3日間で、クラスの仲が良く、さらに絆が深まったと思います。

top