愛知産業大学三河中学校

2学期を振り返って

8月24日から始まった2学期も終了しました。コロナウイルスの感染拡大により今までとは違った学校生活。その中で生徒は行事を楽しんでいました。

スポーツ交流 (9月24日) 
5・6年生17名でバドミントン・ダブルスリーグ戦を行いました。バドミントンは以前から取り組んできたので、技術的にも随分上達し熱戦が繰り広げられ歓声が館内に響いていました。

文化祭 『いまこそひとつに!2020~JAPAN~』 (9月26日) 
今回の総合テーマである全国各県の紹介と、一貫で取り組んできたボランティア活動の紹介を展示しました。一貫は香川県を取り上げ、男子全員で取り組みました。香川県はなんと言ってもうどんです。「うどんが何故香川県なのか。」を探って調べ紹介しました。ボランティアは女子全員で「貧困地域への贈り物」について照会しました。一貫生が何故この取り組みを行ってきているかを熱いメッセージで表現していました。

修学旅行 (12月9日~12月11日)
高等課程の修学旅行は沖縄であったのですが、今回は山陽地域への思い出旅行となりました。厳島神社・原爆記念館・倉敷美観地区・姫路城・神戸ナイトクルーズとタクシー研修といった内容でした。高校生活の一ページとなったことでしょう。

今はウインターセミナー中です。6年生は大学等の入試のため模擬試験に臨んでいます。6年生という一つのチームとして入試に立ち向かっていっています。5年生は1年後に向けて頑張っています。

top