愛知産業大学三河中学校

教育講演会

全国家庭教育支援センター理事長の山本チヨヱ先生による、パキスタンのマララ・ユスフザイさんのこれまでの活動を振り返る講演を,生徒たちは真剣な面持ちで聞いていました。

2014111501

その後グループごとに分かれて、思ったこと感じたことについて活発に意見を出して話し合いをし考えを深めました。30分という限られた時間でグループの意見をまとめ、最後に代表の生徒が発表をしました。

2014111502

「両親にありがとうと言えていないことが分かった。」

「いつも多くの人に支えられているということが改めて分かった。」

「自分たちは恵まれているのに、どうして普段はそう感じることができないのか。」

「自分たちは勉強できる日本に生まれ幸せである。」

2014111503

一人ひとりの生徒が改めて自分たちの環境について考え,自分たちが恵まれていることに気づく機会となりました。

 

初の縦割り体育祭を実施しました。

11月1日、体育祭が行われました。雨天でしたが、本校の体育祭は大学体育館で実施されるため、天候による延期や中止の心配がなく、準備段階より高いモチベーションを保ったまま本番を迎えることができました。当日は朝早くから実行委員を中心に多くの生徒が会場設営を手伝い、生徒の意気込みと期待感が伝わってきました。

今年度は、縦割りの3つの団に分かれ、リレー種目、団体種目、応援合戦をメイン種目とし競い合いました。どの団も学年の壁を越えて応援・演技をし、白熱した戦いになりました。接戦の末、2点差でC団が優勝すると、歓喜の声とともに、あたたかい拍手が会場を包みました。

選手、裏方として働いてくれた実行委員の生徒、最後まで声援を送ってくださった保護者の皆様が一体となり、今年の体育祭を最高のものにしてくれました。生徒の笑顔がそれを証明していました。

CIMG1337CIMG5198CIMG5282CIMG1859

 

 

 

top