愛知産業大学三河中学校

RECITATION CONTEST 2015

2年生がRECITATION CONTEST(英語暗唱大会)を行いました。男子は、チャップリンの映画「独裁者」のファイナルスピーチ、女子はマララさんの国連平和賞受賞スピーチの最終場面を暗唱して、生徒や審査委員の先生方の前で披露しました。事前に、授業の中で映画などを何度も見て、これらのスピーチがどのような思い・背景で作られているか、話し手の感情や訴えたいことは何かなどを考えてきました。

生徒が発表した暗唱英文の抜粋です。

(男子)”Look up, Hannah! The soul of man has been given wings and at last he is beginning to fly. He is flying into the rainbow – into the light of hope – into the future, that glorious future that belongs to you, to me and to all of us. Look up, Hannah! Look up.”「見上げてごらん、ハンナ。人間の魂は翼を与えられてやっと飛び始めたんだ。虹の世界へ、希望の光へ、そして未来へ、君や僕やみんなのものでもある輝かしい未来に向かって羽ばたいている。ハンナ、さあ、顔を上げて。」

(女子)”Let this be the last time that a girl or a boy spends their childhood in a factory.Let this be the last time that a girl is forced into early child marriage. Let this be the last time that a child loses life in war. Let this be the last time that we see a child out of school.”「男の子や女の子が工場で子ども時代を過ごすのは、これで終わりにしましょう。女の子が幼いうちに結婚させられることも、子供が戦争で命を失うことも、学校に通えない子どもを見ることも、これで終わりにしましょう。」

中にはその魂が乗り移ったのではないかと思えるような素晴らしい発表もあり感心しました。まとまった英文を暗記して大勢の人前で発表する・・・それだけでも大変で立派なことです。生徒が一生懸命練習に取り組む姿、発表する姿に、胸が熱くなりました。CIMG1906CIMG1918

 

 

Skit Contest 2015

平成27年3月20日(金)1時限目に1年生によるスキットコンテストを行いました。1年間の英語学習のまとめとしてスキット(寸劇)を演じました。ALTを審査員長に迎え、英語科教員、1年生生徒、また参観された先生方で審査をしました。  パートナーと協力して全て英語の台詞を作成し、毎回の授業の中で少しずつ練習して本番を迎えました。ただ台詞を言うのではなく、感情を込めたりジェスチャーをつけたりして良い劇にしようと工夫しました。メニューをつくってレストランでのやりとりを再現したペアや本物のバットとグローブを使って友達を野球に誘う場面を再現したペアもありました。ペアで考えてアイデアを出し一生懸命にスキットを演じる姿を見てとても頼もしく感じました。また、緊張の中、英語劇を最後までやり遂げる姿に感動しました。これからも、英語を通じて仲間同士で関わり、楽しみながら学び合う機会をどんどん設けたいと思います。

CIMG0899

 

 

 

CIMG0904

理科特別授業

平成27年度3月12日(木曜日)2・3限,本校理科室において,蒲郡市生命の海科学館 学芸員 山中 敦子先生による理科特別授業「化石発掘にチャレンジ!」が行われました。次は,生徒の感想です。

 

とっても楽しく化石のことを学べました。特にびっくりしたことは,地形は変わる,ということです。そこから出てきた化石で,昔はどんなところだったかが分かることにびっくりしました。また,ヒマラヤからサンゴの化石が発掘されたことにも驚きました。改めて地球ってすごいな,と思いました。

また,化石発掘体験では,石が固くてなかなか削れませんでしたが,表面に貝の化石がたくさん付いているのが確認できました。化石は掘れませんでしたが,いい体験ができたと思います。

私は今日の授業で地球の歴史に興味を持ちました。人類の誕生は長い年月のほんの最近の出来事にすぎないけれど,その前にはまだたくさんのロマン(?)があることがわかりました。これからの授業にも生かしていきたいと思います。

CIMG1885CIMG0854

 

第18回 卒業証書授与式

3月7日に第18回卒業証書授与式が行われました。

 

今年度は多くの行事を縦割り班で行ったので、先輩後輩の絆が、今までよりも強くなりました。そのため、先輩の新たな門出を祝う在校生の気持ちも高まっていたように思います。

 

式前日、印象的だったのが、一生懸命飾りつけをする在校生たち。

飾りつけが計画通りにいかず、一心不乱に飾りつけの花を作り続ける1年生。

先輩の喜ぶ姿を想像しながら、楽しそうに絵を描く2年生。

「先輩の卒業を全力で祝うこと」これも三河中の伝統です。

 

卒業生も、3年間で成長した姿を、私たちに見せてくれました。

「返事、礼、歩き方、歌声…」

そして、その中にある、支えてくれた人への「感謝」の気持ち。

 

凛とした空気の中で、祝う気持ちと感謝の気持ちが混じり合い、素晴らしい式にな りました。

CIMG0793 CIMG0799

 

top