愛知産業大学三河中学校

第63回私学弁論大会

11月13日(金)に、小牧市まなび創造館女性センター あさひホールにおいて、第63回私学弁論大会が行われました。中学の部には、県内の私立中学校15校の弁士が参加しました。世界に目を向けることの大切さ、自国の文化を知ることの重要性、命の大切さや思いやりという、自分の身近にある日常の出来事から感じたことを、自分の思いを訴えていました。

本校からは三年生の中島明都さんが代表として出場し、「手話を学んで耳の不自由な方の手助けをしたい」という将来の目標を、表現力豊かに、自分の思いを一心に聴衆に語り掛けました。今年は全体のレベルが高く、どの弁士も表現力が豊かだったのですが、雰囲気にのまれることなく逆にそれを味方につけて前日の練習の何倍もの素晴らしい弁論を行いました。その結果、5位入賞という素晴らしい成績を残すことができました。

大会の3日前まで修学旅行で、練習時間が例年のように思うように取ることができませんでしたが、空港での待ち時間や飛行機内、移動のバス内、ステイ先で友達やホストスチューデントに聞いてもらいながら、意欲的に練習を重ねて今回の結果をつかみ取りました。彼女の「やる気」と「努力」が今回の結果につながったのだと思います。今回の経験が彼女の大きな自信につながることを心から願っています。

 

本当によく頑張りました!おめでとう!

 

於  小牧市まなび創造館女性センター あさひホール

結果 5位入賞

 

受賞 東海テレビ賞

 

第3回MIKAWAワンダー☆ラボ開催

11月14日(土)、今年度最後となる小学5・6年生対象の体験講座ワンダー・ラボが行われました。「え~!」「何で?」「スゴイ!」など子どもの感動、不思議に感じる気持ち、好奇心は留まることを知りません。真剣にスクリーンに映し出される画像を見つめる顔、質問があり必死に手を上げてアピールする姿が印象に残っています。そして、その隣で腕組をして真剣に考えるお父さんやお母さんの姿がそこにはありました。その姿勢が自然にお子さんに伝わっているのではないでしょうか。決して無理をするのではなく、単純に楽しいとか不思議だとか、なぜこうなるのだろうと熱心に考えるお父さんやお母さんがそばにいることが大切だと感じます。来年もこのような素敵なご家族のご来場を心よりお待ちしています。CIMG4261

オーストラリア修学旅行

今までは3年生の5月に行われていたオーストラリア修学旅行ですが、中高一貫教育のゆとりを利用して今年は11月1日~10日で行われ、全員無事帰国しました。半年先に延びたことによる人間的成熟と十分な準備期間を確保できたことで、その成果は大きく、より一層有意義な旅行となりました。英語を上手く聞き取ったり伝えることができなかったりした不安にも負けず、生徒たちは持ち前の笑顔を忘れずに、ホストファミリーとの交流を楽しんだようです。中学生の段階において一家庭一人で約一週間のホームステイは、生徒本人やご家族にとって大変不安だったことと思いますが、中学生の適応力にはいつも驚かされます。初めて会う姉妹校の生徒やホストファミリーとも、気軽に言葉や笑顔を交わしてすぐに仲良くなる姿は、見ていて頼もしく感じます。今回の旅行における経験が、そしてホストファミリーとのお別れで流した涙が、生徒の将来に何らかの意味をもたらすことを期待しています。CIMG7964CIMG8272CIMG8183CIMG7822CIMG7735

第3回ワンダー☆ラボ

11月14日、第3回ワンダー☆ラボを開催しました。

今回の理科の講座は宇宙博士小池淳平先生による「宇宙の色々」を紹介する講話でした。「宇宙人はいると思う?」「宇宙の広さって、どれくらい?」などの質問から始まり、遠い遠い未知の世界の話をユーモアたっぷりにお話ししてくださいました。また小池先生の専門分野である火星についてもお話をしてくださり、天文好きの小学生は目を輝かせていました。最後に小池先生所有の火星の土地の権利書も見せてくださり、みんな大興奮。現在第三期分譲中(?)とのことで、みなさん興味津々でした。リニアモーターカーの開通が2028年。日本の未来化も進行中です。この頃には、今日の学習会に参加してくれた小学生の中から宇宙飛行士が誕生しているかもしれません。

CIMG4235

本年度のワンダー☆ラボは今回で終了しました。多数のご参加ありがとうございました。


むらさき麦プロジェクトスタート

11月11日(水)、2年生の生徒が藤川町で栽培に力を入れている「むらさき麦」の種まきを行いました。藤川まちづくり協議会に準備していただいた畑に生徒一人ひとりが分担された種をまき、丁寧に土をかぶせました。1週間から10日後には芽が出るそうです。畑は国道1号線沿いにあり、通学途中や休日に観察が可能です。今後は麦踏みや収穫が予定されていますが、プロジェクトの目的は「むらさき麦」を活用した藤川の特産物を作ることです。今後、アイデアを出し合いながら試行錯誤をしていきます。

CIMG4172 CIMG4180

思春期教育 ~ありがたみ~

11月11日(水)5限に岡崎市保健所の方々をお招きし、「みんな生き生き キラキラいのち」と題して2年生のために講演をしていただきました。思春期の心の変化・体の変化についてのお話、妊娠から出産までのお話を聞きました。続いて、あかちゃん抱っこ体験をさせていただきました。「お家の方はどんなふうに育ててくれましたか?お家の方はどんなことをしてくれましたか?」という問いかけに、あかちゃんを抱っこしながら生徒一人ひとりが今までのことを振り返りました。

 

「あかちゃんを抱っこしたら思った以上に重たくて驚きました。お母さん、お父さんの大変さがわかりました。」

「最近親とぶつかってしまいますが、感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。」

「自分が親になったときはお母さんみたいに大切に育てたいです。」

 

2年生は立志式に向けて、今までの自分・今の自分・将来の自分を見つめる大切な時期です。講演を聞いて、今まで保護者の方や多くの方に支えられて今の自分があるということに気づくことができました。

CIMG4190CIMG4191

CBCホールへ!

去る10月3日に行われた体育祭で、「全国中学校リズムダンスふれあいコンクール」の学校予選で優勝しました1年生ですが、めでたく中部地区予選会への参加が決定いたしました。

11月29日(日)新栄にあるCBCホールにて、1年生は「チーム羽跳天(うちょうてん)」として踊ってまいります。

中部地区を突破すると、次は東京での大会に出ることになります。

ご声援、よろしくお願いいたします!

体育祭②(230)


top