愛知産業大学三河中学校

全国リズムダンスふれあいコンクール決勝大会出場

去る1227()全国リズムダンスふれあいコンクール決勝大会が東京赤坂BLITZで開催され、中部地区大会を勝ち上がった本校1年生が出場いたしました。

集合時間が午後1400であったため、早朝700に学校を出発しました。生徒はワクワクした明るい表情で集合し、気持ちの良いスタートが切れたように思います。 途中、休憩のサービスエリアでも最終確認をしながら練習をしました。居合わせた一般のお客さんも足を止め、私達の演技を見てくださいました。「頑張ってね!」と声をかけてくださったり、中国からの観光客の皆さんが拍手を送ってくださったり、見ず知らずの方まで私達の応援をしてくださいました。

会場に到着し、揃いのクラスTシャツに着替えると少々緊張してきたようです。しかし、係りの方や、司会のアナウンサーの方のやさしい声かけのおかげで、いつも通りの明るさが戻ってきました。

三河中学校の演技は7番目。赤坂BLITZというプロのアーティストが立つステージでも彼らは臆することもなく、立派に踊りきりました。いつも通りの笑顔が弾けた素敵なステージでした。 残念ながら、入賞はできなかったものの、彼らは忘れられない思い出をもらえたはずです。

コンクール終了後は、少しだけ東京観光です。慣れない東京の地下鉄やゆりかもめに乗り社会勉強も出来ました。観覧車から綺麗な夜景も堪能しました。

たった2分という短い時間のために、どれだけの時間を費やしたのか、また、どれだけの人に応援してもらい、協力をしていただいたのか。改めて「ありがとう」という言葉を、クラスの仲間に、家族に、大切な人たちに伝えてもらいたいと思います。彼らの人生において、この2分間は大きな財産となり肥しとなることでしょう。 今後の成長が楽しみです。

「終わりは始まり。」 ひとつのイベントが終了しました。新たな一歩を踏み出すときです。
体育祭のテーマは「stride」、まさにテーマ通りの終わりを迎えることができました。

 

1年生、全国大会出場決定!

11月29日(日)、栄CBCホールにて行われた、「全国小・中学校リズムダンスコンクール」の中部地区予選に1年A組21名全員が出場いたしました。大トリとして、一生懸命踊った彼ら。ライトに照らされた笑顔はいつも以上に輝いていました。

全国大会出場チームの発表時、1つ1つ全国行きの枠が減っていく中、最後の枠を手に入れたのは「羽跳天」。我々1年A組のチームでした。

ここまでやってきた自分を褒め、ここまで支えてくれた周りに感謝し、全国にふさわしいチームになるように、生徒・教員ともども努力を重ねていきます。

全国大会は12月27日(日)、東京の赤坂ブリッツで行われます。現地から、岡崎から、いろいろな場所からの熱い応援をよろしくお願いいたします。

 

CIMG4231

top