愛知産業大学三河中学校

アーチェリー全国大会優勝

2月20日、21日に行われた第25回全日本室内アーチェリー選手権大会(リカーブ小中学生の部)で本校の戸松大輔君が優勝しました。今大会は中学最後の全国大会となり、本人にとって特別な大会となりました。

大会では、予選1位(12名中)で通過するも、愛産大のコーチからは「まだまだだね。」となかなか褒めてもらえず、むしろプレッシャーをかけられていました。さらに中学最後の全国大会、初めての決勝戦進出、対戦相手が下級生など、さまざまな意味でも緊張していたようです。そんな緊張感の中、決勝戦では連続で的の真ん中に弓を当てる等、好プレーを披露し優勝することができました。高校生になっても更なる活躍に期待したいと思います。

image2image1

TOEIC Bridge受験

2月6日(土)、本校では毎年の恒例行事としてTOEIC Bridgeを3年生が受験しました。西三河地方は大手自動車メーカーをはじめ製造業が盛んで、グローバル化の流れの中で従業員の皆さんがTOEICのスコアが必要とされているようです。そんな中、本校では愛知県ではいち早く中学生段階でTOEIC Bridgeの学校導入を実施してきました。英語検定とはまた違った緊張感があるようで生徒たちの目は真剣です。今回のスコアが自信につながり、高校段階においてTOEICや英語外部試験にも積極的にチャレンジしてくれることを期待しています。

三河中学校過去の平均点と2014年TOEIC Bridgeの比較

  Listening Reading Total
全国中学生平均 58.8 52.7 111.4
全国高校生平均 58.5 55.0 113.4
全国大学生平均 59.4 61.0 120.4
三河中学校卒業生平均 63.6 59.99 123.5

※TOEICプログラム DATA&ANALYSIS 2014より

麦踏み

昨年11月に種をまいたむらさき麦は順調に成長しています。2月3日は2年生全員で麦踏みを行いました。藤川まちづくり協議会の方からなぜ麦踏みをするのか、その理由を教えていただいた後、麦踏みに挑戦しました。はじめて間もなく、軽く踏んでも麦の葉は倒れないことに生徒は気づき、途中から一歩一歩麦を踏みしめるようになりました。ちょっとしたことですが、体験しなければわからなかったことです。収穫までにまだ時間はありますが、むらさき麦の利用方法を現在クラスで相談中です。

CIMG4560CIMG4562CIMG4565

 

top