愛知産業大学三河中学校

高等部説明会

今年度初めて中高一貫生が4年生(高校1年生)に上がります。そこで中高の違いも含めて教務と生活指導の立場から高校生活について説明する会が行われました。中学校で築いた基礎を発展させ、個の確立と他者の理解、そして社会への関心と貢献が一つのテーマだと言えます。またもう一つの大きなテーマとして、自分の将来を踏まえた進路選択をしなければなりません。より具体的に努力を続ける時期となります。大学合格だけがゴールではなく、その先にある「自分だけの学び」「自分の将来のために本当に学びたいこと」を明らかにして具体的な目標を持って、学び続けてほしいと思います。

入学式・対面式

4月6日(水)第22回入学式が行われ、19名の新入生が新しい制服に包まれて登校しました。入学式の中で、学校長より入学の許可を受けるという儀式があります。新入生は、自分の名前が呼ばれると、大きな声で返事をしてその場で直立不動の姿勢を保ち、代表者に合わせて礼をします。今年の新入生も、大きな声で元気よく返事ができ頼もしく感じました。またスポーツなど勉強面以外でも活躍が期待できる生徒も複数名存在し、とても楽しみです。新入生を後方から見守る2年生から4年生も、この節目に抱いた個々の目標を忘れることなく、新たなステージで活躍することを願っています。

top