愛知産業大学三河中学校

保護者会講演会

1027日、浜松学院大学短期大学部の今井昌彦教授にお越しいただき、「現代社会におけるスマートメディアの諸問題を考える」というタイトルで、保護者会主催の講演会が行われました。ネットいじめ、デジタルタトゥー、ゲーム脳など若者に共通する多くの問題について、実際に発生した具体的な事例を紹介していただき、その危険性について改めて認識することができました。中でも、写真を安易にアップさせて数千万もの賠償金を求められた事例、1枚の写真から芸能人の自宅を発見するのに30分しかかからない実験、スマホと学力の問題は、実は利用時間の問題ではなく脳が学習効果を削除していることなどがIQテストで実証され、認知症にもつながることが判明した例などは衝撃でした。少し立ち止まって考えることができず直接行動に出してしまうゲーム脳特有の症状に陥る前に、スマートメディアの使い方を考える良い機会となりました。最後に、例えば1日1時間以内というルールを守ることができる家庭環境、親子関係、子どもの自制心が大きく影響すること、そして今後必要となるタイムマネージメント能力の重要性についても紹介していただきました。今回の講演内容を心に留め、ネットの利点を上手に活用することを学ばせたいものです。

思春期講演

10月12日(水)、2年生を対象に岡崎市保健所の方々を招いて、思春期講演を行っていただきました。2年生は、11月に行われる立志式に向けて、将来の自分について考える大切な時期です。

保健所の方々からは、「思春期の心と体の変化について」「妊娠から出産の赤ちゃんの様子」「赤ちゃんを迎えたお母さんの思い」「生まれた赤ちゃんの成長」などを話していただきました。そして、最後に生徒たちは、約3000gの赤ちゃん人形の抱っこ体験をさせてもらいました。赤ちゃんを抱っこした経験が少ないためか、首が座っていない赤ちゃん人形を抱きながら「怖い」「重い」という声がいくつかのグループから聞こえてきました。

「とても重くて不安定で毎日抱っこしてくれた母、父はすごいと思った。」

「思ったよりも重たくて、びっくりした。お腹の中に入っていると考えると大変だと思う。」

「最初は重たかったけど、慣れると赤ちゃんは可愛いと思った。」

 

講演を通して、命の大切さや子育ての大変さを感じてくれた2年生。立志式での発表を楽しみにしています。

cimg5562 cimg5576 cimg5578

表装講習

今年も表装一樹会の荒木先生をお招きし、表装講習を行いました。いつも元気な1年生が、先生やスタッフの方々に助けていただきながら、真剣に表装の作品を作る姿が印象的でした。今年は着物の端切れを利用した色紙用の表装を作りました。おじいちゃんやおばあちゃん、そしてお父さんやお母さんから自分へと伝わる伝統を大切にすること、また古いものを大切にすることなど、大切な「心」を教わった貴重な時間でした。そして国語の先生の指導により、生徒は習字で色紙を書いて表装に飾り、文化祭で展示しました。最後に、生徒が作業しやすいようにと荒木先生が下準備を丁寧にしていただいたことがわかり人に対する思いを学ばせていただきました。心から感謝する次第です。ありがとうございました。cimg5170

岡崎市中学校新人総合体育大会 柔道個人 1年生山本悠人君 優勝!

img_1257101日に岡崎中央総合公園柔道場にて行われた岡崎市内中学生大会において、個人重量級の部で1年生の山本悠人君が優勝しました。2年生もいる中で堂々の戦いぶりでした。特に2回戦では試合開始数秒で投げ技を決め一本勝ちを果たし、格の違いを感じました。勝ち進むに従って相手も強くなったものの、決勝では冷静に判断し寝技を決め、見事に勝利を収めることができました。まだ1年生の秋の大会ですので、筋力とスタミナ、そして経験を積み重ねれば、県大会、東海大会、そして全国大会へと進む逸材であることを確信しました。おめでとうございます。これからも活躍を応援しています。

top