愛知産業大学三河中学校

書初め大会

去る111日(水)に校内書初め大会が行われました。

今回は、中学1年生が「花鳥風月」

    中学2年生が「天地創造」

    中学3年生が「生命の尊重」 という字を、それぞれ行書で書きました。

 1年生は慣れない行書に悪戦苦闘しながらも、一生懸命手本に倣って筆を運んでいました。

23年生ともなると、ある程度行書を書きなれているせいか、自分なりに良い字を書こうとする表情は真剣そのもので、黙々と時間いっぱいまで、集中して書いていました。そのせいか、教室内の雰囲気は張り詰めたような空気を持ち、文鎮を落としてしまったある一人の生徒が、思わず「すみません!」と焦って言ってしまうほどのもでした。

どの学年も、完成した作品は心や思いのこもったものばかりで、他人と比べるのではなく、自分の字と真摯に向き合う姿がとても印象的でした。

 日常生活の中で毛筆に触れる機会は少ないわけですが、百人一首と同様、日本人として「書道」の心を育てていければと考えています。

 

CIMG6792 CIMG6800 CIMG6807

 

 

百人一首大会

1月7日(土)に中学生が、12日(木)に4年生が百人一首大会を行いました。生徒たちのやる気は十分で、札を取る際の「はいっ!」という声に気合がこもっていました。また、札を取った際に時折拍手が聞こえることもあり、生徒たちが百人一首大会を楽しんでいる様子がうかがえました。

 特に印象的だったのは、学年が上がるにつれて、札を取るタイミングが早くなったことでした。3年生でも上の句で札を取る生徒が多く見られました。しかし、4年生ともなると、ほとんどの札が上の句の途中で「はいっ!」という声があがり、数が減ってきた時には、次の歌が詠まれる前の緊張感はすさまじいものがありました。

 また、全学年を共通して「ちはやぶる~」(在原業平 作)の歌の人気が高く、この札だけは「ちはや…」というタイミングで「はいっ!」という声が会場中に響き渡りました。

 しかし生徒と話をする中で、ゲームや競技として歌を覚えているように感じる場面もありました。日本人として、外国人の方から百人一首について尋ねられたり、歌の内容を聞かれたりした際に全く答えられないようでは寂しく思います。今後も、和の文化、和の心として生徒の心に残せるような指導をしていきたいと思います。

平成28年度マラソン大会

12月9日(金)、マラソン大会が行われました。

中学1年生から高校1年生まで全校生徒が頑張りました。アップダウンの多くある校舎外周を2周(約3km)全員が完走しました。

男子の上位は4年生が多かったものの、女子は下級生が頑張り、優勝は3年生でした。

マラソン大会の後は、保護者の皆さんが作ってくださった豚汁をいただき、心も体も温まりました。

来年のマラソン大会もみんなが頑張ってくれることを楽しみにしています。

cimg6409 cimg6424 cimg6723 cimg6714

 

 

3年生オーストラリア語学研修

英語教育・国際理解教育を重視している本校は、毎年オーストラリアへ語学研修に出かけています。今年も11月10日から16日までの10日間、中高一貫3年生がオーストラリアへ語学研修に出かけました。本校にとって、最大の行事のうちの1つであります。半分以上の生徒は飛行機、海外が初体験。出国前は楽しみ半分、不安半分といったところでした。特に、1人1家庭ずつ入るホームステイに対しては、とても不安な表情を見せていました。そんな中、いざ出発。出国審査・入国審査も何のトラブルもなく通過することができました。目的地であるシドニー空港では当然英語で質問されます。審査をクリアし、ホッとした表情を見せる生徒がほとんどでした。中には、「意外と簡単だった。」という生徒もいました。授業できちんと練習した成果が出ました。

 

シドニー観光を終えて、ついに本校の姉妹校があるUlladulla(アラダラ)の地へ。ホストファミリーと対面し、各家庭へ向かっていきます。全員のあの緊張した表情は忘れられません。しかし2日目の朝、ホストスチューデントと笑顔で登校する姿を見ることができ不安は消えました。英語レッスンや遠足、スポーツなど多くの活動が控えていましたが、ホストスチューデントと楽しんでいるとあっという間に最終日を迎えてしまいました。最後のホストファミリーとのお別れでは、涙を流しながらなかなか離れられませんでした。不安だったホームステイも、ホストファミリーの温かい気遣いと三河中生の頑張りもあり、成功で終えることができました。

 

コーディネーターのパムさんやアラダラハイスクールの先生方、ホストファミリーなどたくさんの方々と出会い、刺激の多いオーストラリア語学研修となりました。

cimg5659cimg5982cimg6249cimg6316

鍛錬遠足

11月11日に1・2年生の生徒が鍛錬遠足を行いました。前日の夜から明け方にかけての雨で実施が危ぶまれましたが、天候はその後回復し、最高の遠足日和となりました。今回は18kmを踏破することを目標に、学校のある藤川を出発して、本宿を中継し、豊川と蒲郡の境にある宮路山山頂を目指しました。途中脱落する生徒もなく、無事宮路山に到着。頂上では三河湾の素晴らしい景色をながめながら昼食をとることができました。最後は山を降りて最寄りの駅、名電赤坂で解散となりました。お疲れさまでした。

 


cimg0079cimg0097
cimg9313cimg0085

2016年度修学旅行途中報告 vol.3

 11月11日 晴れ

ナウラの動物園に行きました。

朝は雲がかかっていましたが、だんだんと晴れて良い天気に恵まれました。

コアラ、カンガルー、蛇と触れ合った。残念ながら蛇のマフラーはできませんでしたが、コアラとカンガルーとは触れ合うことができた。特にコアラと記念写真を全員とることができて、みんな感激していました。 昼食後、アラダラ高校に戻って、アボリジニスポーツを楽しみました。 少人数であったため、4グループに分かれても、短時間で十二分に楽しむことができた。皆、積極的にいろいろなことにトライしています。積極性が出てきたことと、何よりも楽しいという言葉を聞くことができました。

土日を挟んで、アラダラ高校でのプログラムも残すところあと1日となりました。この様子であれば、きっと思い出深い週末をホストファミリーと過ごしてくれることでしょう。

cimg4417cimg4370cimg4349cimg4341cimg4302cimg4467cimg4432

 

第64回 愛知県私学弁論大会 優勝!

11月10日(木)に、岡崎市市民会館、甲山会館において、第64回私学弁論大会が行われました。中学の部には、県内の私立中学校15校の弁士が参加しました。戦争、世界遺産、本当の優しさとは何か、人の命や死を取り上げたものなど、中学生の側にある、身近な体験を通して感じたことを聴衆に訴えました。

 中学生とはいえ、児童虐待や育児放棄、人工中絶、「親」としての考え方、発達障害など、現代社会が抱えている諸問題をテーマにしている弁士が多く、大人の私たちも深く考えさせられるような内容ばかりでした。 

そんな中、本校からは二年生の小嶋杏実さんが代表として出場し、「いじめ」や「命」に対する思いを堂々と、力強く述べ、見事優勝の栄冠に輝きました。体調不良も重なり、練習時間が十分に取れなかった中ではありましたが、意欲的に練習を重ね、その努力が最高の形で実を結びました。

私学弁論大会は、表現力などのレベルが年々上がってきており、本年度も素晴らしい弁論ばかりでした。そんな中、その雰囲気に負けることなく、自分の勢いに変えて聴衆の心を打つ素晴らしい弁論を行うことができました。今回の経験が、彼女の自信となり、今後の学校生活の中で生かされることを切に願っています。

  本当によく頑張りましたね!優勝おめでとう!

 

於  岡崎市市民会館 甲山会館

結果 中学の部 優勝

 

受賞 愛知県私学協会長賞

   愛知県知事賞

   中日新聞社賞

 

2016年度修学旅行途中報告 vol.2

11月10日 曇りのち晴れ

今日は1,2時間目が、ベン先生のクイズで、アラダラの9年生と共にグループでクイズに答え、その後、校内で写真を撮る課題に取り組みました。途中で出てきたおやつの中にベジマイトトーストがあり、積極的に食べようとはしない生徒が多くいた。何人かは、声掛けをしたら少しでもトライすることができた。
レセスの時間のあと、折り紙レッスンで、2人のペアでアラダラの7年生とグループを作り楽しい時間を過ごしていました。
4時間目は、パム先生の英語の授業でした。学ぶところが多い授業でした。
5時間目も、折り紙レッスンでした。

6時間目は、ウエルカムアッセンブリー。緊張しながらも、7年生と共におこなわれた。
生徒たちは「上を向いて歩こう」をアカペラで歌いましたが、心配する必要がなかったくらいに声が出ていて驚きました。直前に、アラダラの生徒の歓迎の歌があり、それに触発されたようでした。野口もスピーチを立派にすることができました。

明日(本日11月11日)は、ナウラのアニマルパークに行き、6時間目にアボリジニスポーツをする予定です。
予報では、時々シャワーとのことですが、アラダラでの滞在も折り返しに差し掛かり、生徒たちも親切なホストに打ち解けながら明るく元気に生活ができている様です。

cimg4258 cimg4165 cimg4225 cimg4226 cimg4254

2016年度修学旅行途中報告

11月7日に3年生が修学旅行でオーストラリアへ出発しました。空港ではホームステイのためか少し緊張した表情も見られましたが、全員元気に飛び立っていきました。先日途中報告がメールで届きましたのでご紹介します。
11月8日
「シドニーは雲に覆われていましたが、ちょうどいい気温です。オペラハウスも見学しましたが、工事中で外装タイルに触れることができませんでした。アラダラへの移動中、カイヤマ(ブローホール)で、サンドイッチとジュース、リンゴの昼食を食べました。バスの移動中はほとんどの生徒が寝ていました。4時過ぎにアラダラ高校に到着しパムさんと会いました。図書館でホストファミリーと対面し、各家庭に移動しました。ちょうど、アラダラ高校の卒業記念パーティーが開かれており、港横の会場で、着飾った卒業生が集まっていました。生徒たちは、機内では体調不良(頭痛など)を訴える者もいましたが、ホストファミリーと帰宅するときには、明るい笑顔でした。
11月9日
朝バス停に時間までに全員集合できました。体調は良好でした。ホストファミリーとの問題点も今のところありません。オールドモゴタウンまで約1時間の道のりで、加藤先生を含めて数名軽いバス酔いになりました。2グループに分かれて、園内を回りました。昼食は、各ホストファミリーの弁当を食べた。その時に、福元君の15歳の誕生日を皆で盛大にお祝いをしました。毎年恒例のダンスを行い、いつものように言葉数は少なく表情もあまり変化はないものの、「とても楽しい。」という言葉を聞くことができました。忘れられない思い出になったようです。午後は、アボリジニの楽器及びブーメランを体験しました。顔へのペインティングを嫌がっている生徒が大勢いましたが、アラダラの生徒に顔に塗られて、楽しい時間を過ごしました。今日はダンスの時間でとても打ち解けていた様子でした。

cimg3979

cimg4020

cimg4026

cimg4041

cimg4100

cimg4127

cimg3694

cimg3867

cimg3954

保護者会講演会

1027日、浜松学院大学短期大学部の今井昌彦教授にお越しいただき、「現代社会におけるスマートメディアの諸問題を考える」というタイトルで、保護者会主催の講演会が行われました。ネットいじめ、デジタルタトゥー、ゲーム脳など若者に共通する多くの問題について、実際に発生した具体的な事例を紹介していただき、その危険性について改めて認識することができました。中でも、写真を安易にアップさせて数千万もの賠償金を求められた事例、1枚の写真から芸能人の自宅を発見するのに30分しかかからない実験、スマホと学力の問題は、実は利用時間の問題ではなく脳が学習効果を削除していることなどがIQテストで実証され、認知症にもつながることが判明した例などは衝撃でした。少し立ち止まって考えることができず直接行動に出してしまうゲーム脳特有の症状に陥る前に、スマートメディアの使い方を考える良い機会となりました。最後に、例えば1日1時間以内というルールを守ることができる家庭環境、親子関係、子どもの自制心が大きく影響すること、そして今後必要となるタイムマネージメント能力の重要性についても紹介していただきました。今回の講演内容を心に留め、ネットの利点を上手に活用することを学ばせたいものです。

top